読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代からの美容を考えるブログ

経験と日々実践している美容や健康についてシェアさせて頂。

アイ・ハーブ(iHerb)おすすめコスメ(アイシャドウ)

アイ・ハーブのおすすめコスメ、今回はアイシャドウをご紹介しましょう!

1 アイ・ハーブおすすめのアイシャドウは?

2 アイ・ハーブのおすすめアイシャドウの成分は?

3 アイ・ハーブのおすすめアイシャドウの口コミや個人的感想

 

今回の記事では、口コミなども良かったので購入してみたアイ・ハーブのおすすめアイシャドウの情報をまとめてシェアします!

アイ・ハーブおすすめアイシャドウは?

まずは、アイ・ハーブのおすすめアイシャドウについて、どんなものなのかシェアしていきます。

「シマーストリップス、オールインワン、カスタムヌードパレット、ウォームヌード」という名前で、ヌード系の色味で、オールインワンなので、アイシャドウ以外にも、ブラッシュ、ハイライト、ブロンザー、アイライナー、チークなどの使い方が出来る優れものです!

12色の色が入っていて、気分に合わせて使えるだけでなく、混ぜ合わせて使う事もできるので、アイデア次第でさまざまな楽しみかたが出来るアイシャドウになっています!

 

RRさん(@rr_0403)がシェアした投稿 -

日本では取扱が少ないコスメですが、ネット通販を使って購入した人たちが、SNSや口コミサイトに書き込みをしたりするので、密かに人気となっているアイシャドウになります。

このアイシャドウを製造、販売している会社は、1937年に創業されたのですが、もともとは、ロサンゼルスのアレルギー専門家のフランク・クランドール博士が、敏感肌の妻のために作ったのが始まりなのです!

そう、愛の贈り物として始まったのが、フィジシャンズ・フォーミュラーというブランドなのです!

創業以来、このコスメシリーズは低アレルギー性、高品質の化粧品やコスメを製造することをお客様に約束してきました。

敏感肌用に作られているので、以下の主張をしています。

● 低アレルギー性

● 皮膚科医が承認しています

● 非コメドージェニック

● ノングリーシー

● 非刺激性

● グルテンフリー

ミツロウや乳酸(牛乳由来)、カルミンなどの成分を含んでいる可能性があるため、ビーガンだという主張はしていません!

アイ・ハーブの、このアイシャドウの商品説明によると、毛穴を詰まらせないと書かれています!

日本で購入するなら、Amazonやロフトなどに置いてあるようですが、この記事を書いている2017年4月8日にAmazonを調べたところ、売り切れで購入できない状態でした。

値段も、アイ・ハーブなら1455円でしたが、Amazonでは売り切れのため、いくらで販売しているか数字が出ていませんでしたが割高であるといわれています。

アイ・ハーブおすすめアイシャドウの成分は?

今回アイハーブで購入したものです↓

f:id:mo88mo:20170409064159p:plain

こちらのアイシャドウは、敏感肌の人も使えるように作っていて、皮膚科医の承認も付いていますが、すべてがオーガニックで安心できる成分で作られていはいません。

まずは、アイシャドウの全成分をご紹介していきましょう!

● マイカ ● ジイステアリルマレート ● シリカ ● ジメチコン 

● ジメチコーン/メチコンコポリマー ● エチルヘキシルパルミテート

● ラウロイルリシン ● メチコン ● ポリブテン ● 合成ワックス

● 酸化スズ ● エチルヘキシルグリセリン ● フェノキシエタノール 

● カルミン ● 酸化鉄 ● 赤色40号 ● 二酸化チタン

それでは、どんな成分なのか、調べられるものだけをご紹介をしていきます。

「マイカ」は雲母と書き、花こう岩や雲母片岩などを粉砕して得られる鉱物の一種です。

自然色だと白色で、この粉に、天然の着色料で色付けしたものはファンデーションや口紅などのコスメなどに使われています。

シリカ」はケイ素とも呼ばれている成分で、岩石や土壌、粘土を構成している元素のことです。

瑪瑙(めのう)や石英から得られる鉱物。

人間の皮膚などにも存在するシリカは、爪、毛髪、骨、コラーゲンなどの再生を助けてくれる働きがあります。

純粋なシリカは無色透明で、自然界には不純物を含んだ色のついたものも存在しています。

人間の体内以外では、地球の上で鉱物として存在していて、特徴としては水や酸に溶けることがありません。

シリカには発がん性があるのではといった憶測がありますが、このリスクを抱えているのは水溶性の結晶性シリカの一種類だけだと国際がん研究機関が発表していて、化粧品などに使われているシリカに関しては非結晶性を使用しています。

「ジメチコン」とは、代表的なシリコーン油で、無色透明で無臭、さらにオイルに溶けない性質を持っている液体になります。

合成成分なので、オーガニック化粧品などの記事では、使わないほうがベストだという紹介のされ方をしています。

理由は皮膚呼吸を阻害するからだと書かれているようですが、実はジメチコンはストッキングのように網の目のような状態になっているため、皮膚呼吸を阻害しないという情報もあります。

コーティング剤の働きをする成分で、一説によると、ジメチコンという合成ポリマー入りの化粧品を使い続けていると、肌の潤いの貯蔵庫であるセラミドが減ってしまい、自分の力で潤うことができなくなるとも言われていて、これが入っているファンデーションなどを使用した人の中には、肌にかゆみなどのトラブルが出たという方もいます。

 「ジメチコーン/メチコンコポリマー」は、シリコーンオイルから得られる樹脂成分で、製品に撥水性や艶出し効果があります!

「ラウロイルリシン」は、合成成分で、これを入れることでしっとり感や滑らか感が出ます。

「メチコン」は安定化成分で、液状のシリコーンの一つになります。

顔料の浮きを防止する役割があり、皮膚透過性に優れていてサラッとした仕上がりになるのが特徴です。

「ポリブテン」は炭化水素で、ツヤ感を出すために使われています。

「合成ワックス」は、別名合成炭化水素ワックスと呼ばれていて、化粧品に使われる理由は、乳化剤や安定剤として、結合剤、油剤などです。

「酸化スズ」は、スズの酸素の化合物で、自然界に存在する金属スズの化合物、高温で熱することで得られる粉末になります。

メイクアップ製品に光沢を出すために使われていて、着色成分といて主に使われています。

肌に浸透しません、光沢などを出すために使われているので、安心出来る成分だと考えられていますし、調べても毒性はないようですが、これに反応してしまう方もいます。

「エチルヘキシルグリセリン」とは、グリセリンに2ーエチレンヘキシルアルコールを結合させたグリセリン誘導体です。

グリセリンと同じ保湿作用があり、エチルヘキシルグリセリンには、抗菌&消臭作用もあります。

毒性や刺激性はほとんどありません、副作用やアレルギーの報告も今のところないようです!

「フェノキシエタノール」は、主に化粧品などに使われる防腐剤で、毒性があることが分かっているので、配合するには厳しい規制があります。

使い方を間違えると、咽頭痛や咳が出ることがあり、喘息を持っている方が、これが入った化粧水などを使うと危険だと言われています。

アルコールの一種で緑茶などにも含まれている自然成分です、毒性は低いのですが、すでに書いたように毒性はあるので、配合量には規制がかかっていますので、化粧品に使われているものは、これらをきちんと守って作られていると考えられます。

ただ、敏感な方でどうしても駄目という方もいます。

カルミン」は、メスのエンジムシ(別名カンガラムシ)から得られたカルミン酸をアルミニウム、または、アルミニウムかカルシウムを反応させて作る赤色色素になります。

口紅やチークなどに使われる天然色素で、アレルギー性はほとんどないと言われています。

「酸化鉄」は、個人的にも普段から使っているミネラルファンデーションなどにも使われている成分で、黄酸化鉄、黒酸化鉄、ベンガラなどがあり、ファンデーションやアイカラーに使われています。

有色顔料として安全性や安定性に優れた着色料で、古くはクロマニヨン人によって描かれたという、フランスにあるラスコー洞窟の壁画にも使われています!

 毒性がなく安定性に優れている成分になります。

「赤色40号」は、1991年まで日本では輸入が禁止されていたタール系色素の合成着色料になります。

アメリカやオーストラリアでは、食品添加物として認可されています。

2001年3月17日に厚生労働省から食品添加物として指定されていますが、化粧品としては使えない状態になっていますが、実際に化粧品に使用しても問題ないと言われています。

赤色40号は、アレルギーの危険性があると言われています。

「二酸化チタン」は、別名酸化チタンとも呼ばれていて、着色料として使われています。

食品を白くするために使われていて、例えばホワイトチョコレートやマシュマロなど、化粧品では日焼け止めやファンデーションなどに使われています。

危険性が指摘されています。

個人的に、もともと肌なども弱くなく、アレルギーの問題も持っていませんので、気になったのは赤色40と酸化チタンです。

↓こちらから購入できます

jp.iherb.com

アイ・ハーブのおすすめアイシャドウの口コミや個人的感想

ここからは、アイ・ハーブのおすすめアイシャドウの口コミ、そして使ってみた個人的感想をシェアしていきましょう。

まずは口コミはどんなものがあるのか見ていきましょう!

● ハイライトにとてもいい

● 発色がきれいです

● 在庫切れが多い人気商品、納得

● 薄付きなので派手になりすぎないラメ感を演出出来ます

● 使いやすいカラーばかりのパレットで、捨て色ナシです

● 発色が良く、粉質が良く使いやすい

● マットに仕上げたい方にはおすすめできません

● 仕事メイク向きではない

● ナチュラルな仕上がりになります

● あくまでもアイシャドウですね、これでチークは厳しいと思います

● 可愛い

● 質感が柔らかい

● キレイな発色でキラキラしています

● 肌の色が明るいので、濃いめのブラウンだと浮いてしまうのですが、このパレットは全色使えるし、私の肌色に良く似合う、お気に入り

● 見た目も可愛いので持っているだけでテンションがあがります

● はじめ少し濃いかなと思ったが、しばらくすると落ち着いて馴染んでくる

容器のデザインが可愛いので、持っているだけで気分があがるという口コミもちらほら見かけました!

個人的にも、テンションがあがるデザインだと思います。

それでは、使ってみた個人的見解をシェアしていきます。

まず、発色は確かに綺麗です、濃いかなと思ってもそのうち馴染んでいい感じに目が際立って見え、なんだか目元がいい感じと思いました。

さらに、悪い面を言えば、粉が散りやすいのが難点ですが、困るほどの状態でもありません。

使ってるとこんな感じになります↓

f:id:mo88mo:20170409070559p:plain

カラーバリエーションも豊富で、個人的には基本的には下から2段までの色を、アイシャドウに使い、上から2段をハイライトなどに使ったりしていますが、基本アイシャドウに使っています!

いつも塗った日は、目元のメイクをオイルで先にオフしますが、すぐに取れ、皮膚にしつこく残ることもなく、目をこすってしまうと取れやすいと思いますが、触らなければ長持ちします!

キラキラ感が嫌なギラついている感じではなく、自然にきれいな発色です!

後は好みだと思いますし、成分を見て判断されるといいのではないでしょうか?

今回は、アイ・ハーブおすすめのコスメで、アイシャドウについて情報をシェアしていきました!