40代からの美容を考えるブログ

経験と日々実践している美容や健康についてシェアさせて頂。

40代女性のまつ毛の悩み!育毛方法はあるの?

女性が40代なってくると、まつげに悩みを持つ人も増えてくるようですが、育毛方法などについての情報をまとめていきます!

1 40代女性のまつ毛の悩みとは?

2 40代女性のまつ毛の育毛方法は?

3 40代女性のまつ毛の育毛方法で個人的にやってみたこと

4 40代女性のまつ毛の育毛方法で使ってみた商品の口コミは?

5 40代女性のまつ毛の育毛方法で、別の商品を使った情報や個人的見解

こちらも購入させて頂きレビューしてます!エマーキット♪

まつ毛外来というものまで出来ている2017年現在ですが、40代女性でまつ毛が薄いなどといった悩みがある方もいるようですし、個人的にも、まつ毛が無いという状態に悩んだことがあります。

この記事では、なぜまつ毛の悩みが出てくるのか、育毛方法、個人的にやってみたことなどの情報をまとめてシェアしていきます!

40代女性のまつ毛の悩みとは?

f:id:mo88mo:20170603144952p:plain

ロート製薬株式会社が、30~50代の180人の女性にまつ毛についてのアンケートを行った結果、次のことが分かったそうです。

◉ 女性の2人に1人がまつ毛の悩みを持っている

◉ 具体的にまつ毛の悩みでなにが多いのか調査したところ、ボリュームダウンが1位

◉ まつ毛のボリュームダウンは加齢だと感じている人が80%

他には、まつ毛が短い、抜けてきた、細い、コシやハリがない、年齢とともに減ってきたなどの悩みがあることが分かっています。

まつ毛のエクステをしたことがある方などは、それらが原因でまつ毛にダメージがあるという悩み、持病などがある方などは、疾患によるダメージなどで悩んでいると言われています!

個人的にも、30代の頃、何度かまつ毛のエクステを受けて、当時は「まつ毛がいっぱい伸びてて可愛い(おいおいっとツッコミ入れていただいてありがとうございます。)」と自画自賛していた時期もありますが、もともと東洋医学的に体質が血虚(血が少ないタイプ)であることもあり、髪の毛や体の毛は、まずは食べたものの栄養が臓器などの生きるために大切な部位へと先に使われていくので、最後に栄養が回される場所だと言われているだけに、マツエクのダメージ&血虚も関係して、年々まつ毛が薄くなり、一時期はまつ毛の真ん中の部分がなくなったという経験もしてうなだれていた時期があります。

ですから、まつ毛に関する悩みを持っている方のお気持ちは、経験者としてよく理解できるものでもあります!

それでは、一体どんな育毛方法があるのか、ご紹介していきながら、個人的に使用してまつ毛がたっぷりと生えてきた経験談などをシェアしていきます!

40代女性のまつ毛の育毛方法は?

f:id:mo88mo:20170608150051p:plain

まつ毛がない、細い、抜けた、無い・・・などの悩みを抱えている、40代女性の育毛方法は次のものがあります。

★ まつ毛美容液を使う

★ まつ毛育毛薬を使う

★ 食事の内容を変える

★ まつ毛外来に通う

★ まつ毛が伸びるというサプリメントを飲む

★ ニベア、ワセリン、馬油などをまつ毛美容液代わりに使う

★ 毎日まつげ美容液を使うのが面倒という方は、マスカラをしながらケア出来る商品でまつ毛ケア

個人的経験でもありますが、まつ毛の育毛方法を探しているのなら、絶対にマツエクなどに行って手っ取り早く増やそうという安易な考えはやめましょう!

まつ毛が少なくなったり、真ん中が無くなったりしたときに焦ったので、お気持ちはよく分かりますが、結果的にまつ毛を弱くしてしまい逆効果になってしまいます。

まつげ美容液はピンきりで、人によって良かったと言うものが違いますので、これがいいよと言い切れませんが、市場にたくさんのものが出ていますので、ご自身で調べて、納得できるものを使用されるとよいのではないでしょうか?

最後の章で、まつげ美容液に関する情報をまとめてシェアしていますので、そちらもお役立て頂ければ幸いです。

まつ毛の育毛薬については、個人的に使用したので、後ほど情報をシェアしていきます!

食事の内容を変えるという情報ですが、実はピンポイントでこの食材を食べるとまつ毛が伸びるというものはありません。

育毛に作用する栄養素を、積極的に摂取するという意識が大事なポイントになります!

育毛に作用する栄養素は次のものになります。

● メチオニン

必須アミノ酸の一つで、食事から摂取しなければなりません。

硫黄を含んだ含硫アミノ酸で、肉類や魚介類、大豆やナッツ、牛乳や乳製品などのたんぱく質に含まれています。

毛髪の健康にも関与しているので、育毛を考えた場合、大事な栄養素になります。

● 亜鉛

御存知の通り、生殖などにも深く関係がある栄養素で、不足すると味がわからなくなるなどの味覚障害も引き起こしてしまいます。

牡蠣や肉、魚などの動物性食品に多く含まれている栄養素で、加工食品ばかりを食べていると不足しがちです!

毛の生え変わりをサポートしますので、育毛に対して作用してくれます。

● ポリアミン

納豆などの大豆食品に多く含まれていて、細胞分裂に伴う遺伝子のコピーを行う役目を持っています。

ですから、細胞の生まれ変わりに必要な栄養素になりますので、育毛に関しても大切という話になります。

● ビオチン

こちらは、水に溶けやすい水溶性の成分で、不足すると、アミノ酸からたんぱく質をスムーズに作ることが出来ないので、たんぱく質が主成分となっている皮膚や粘膜、育毛などの生成に影響を与えてしまいます。

魚介類や卵、牛レバーやほうれん草などに多い栄養素になります。

● Lーシスチン

この中に含まれるイオウには、皮膚、体毛、爪などの主成分となるたんぱく質が作るとても大事な成分なのです。

多く含まれている食材は、鮭、牛肉、ラム肉、小麦粉、オートミールなどがあります。

まつ毛外来を行っているクリニックなどもあります、自分ひとりじゃなんだかうまく解決できないと感じるのなら、専門家の力を借りるのも有りですが、調べると◯万円もかかるので、個人的にはスルーしました。

育毛してくれるサプリメントなども販売されています、しっかりと成分などを調べ、自分が納得して飲むと決めて飲むのも、飲まないのも自由だと思います。

他には、まつげ美容液の代わりに、ニベアやワセリン、馬油を使うというまつ毛の育毛方法があります。

40代女性のまつ毛の育毛方法で個人的にやってみたこと

ここからは、個人的にまつ毛が抜けて、ドーンと落ち込んだときに、知り合いから教わって使ってみた育毛剤についての情報をシェアしていきます。

個人的に使ったものは、個人輸入販売をしているオオサカ堂というネットショップで販売している「ケアプロスト」というまつ毛の育毛剤です!

f:id:mo88mo:20170603144142p:plain

ちなみに、知り合いの女性は2017年で60歳になったと話してくれましたが、育毛剤を教えてくれたとき(2016年)、40代の私よりもまつ毛がふさふさで長く、さらに横から見てもボリュームがあったのです。

そんな女性が教えてくれたので、即サイトで申し込み、届いたら早速使ってみましたが、個人的な経験談ですが、あっという間にまつ毛がふさふさになりました!

こちらから購入できます↓

ついでなので眉毛にも塗り続けていますが、ちょうど1年前の2016年4月10~塗り続けていますが、まつ毛はしっかりと生え、さらに地味に塗り続けた眉毛も顔を洗うと眉毛が増えたのが分かる状態になっています!

1年かけてということではなく、意外と使い始めてかなり早い段階で(はっきりと覚えていませんが、1週間もすれば徐々にまつ毛が増えてきた実感はありました)。

こちらでは、眉毛の育毛方法についての記事をまとめていますが、まつ毛美容液を眉毛に塗って増えているのが確認できたので、こちらの記事もお役立て頂ければ幸いです!

kokokara.hateblo.jp

個人的に購入して使用してきたケアプロストは、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)が、まつ毛の成長を促進させて、長く濃くする効果を認可している商品です。

もともとは緑内障や高眼圧症に使用されてきたもので、眼圧を下げる作用があるものでしたが、これを使うとまつ毛が伸びるという事例が数多く報告されたことから研究され、ケアプロストに含まれる「ビマトプロスト」という成分がまつ毛の育毛を促していることが分かったのです!

ビマトプロストは、体内の生理的物質であるプロスタグランジンの誘導体になります。

まつげ美容液という化粧品ではなく、薬として使用されているものなので、人によってはさまざまな副作用が出る方もいるようですが、後ほどご紹介する口コミを見ると、多くの方が作用に関して満足されているといった情報が出ています。

個人的にも、あんなに貧毛だったまつ毛が、あっという間にフサフサになり、ビューラーであげてマスカラも付けられるようになって、目元のメイクが楽しくなってしまいました。

夫からも、「おー伸びたね」と驚かれるほど個人的には満足がいく作用がありました。

ただ、続けて塗り続けてしまうと、目の縁が赤くなってしまうという副作用を経験したので、毎日は避けるようにして使用するなどの工夫をしました。

副作用についてもシェアしておきますが、詳しいことはサイトでチェックしてみてください!

● 結膜充血

● 刺激症状

● 目の周りの多毛、目の周りが黒ずむ、黒目の色が濃くなるなどのまつ毛の異常

● 角膜障害(角膜炎・点状表層角膜炎・角膜びらんなど)

● 目がゴロゴロする、しみる、痛む、涙が出る

● 掻痒感(むずむずする、痒い)

● 霧視(目が充血する、かゆい、しみる、視界が霞む、不快感、灼熱感)

大体8割の人が作用を実感すると言われています。

個人的にはとにかく、まつ毛が育毛出来たので、悩みから開放され、本当に嬉しいので使ってみて良かったと思っています。

ちなみに、口コミなどで多くの方が、100均で売っている細い筆に1滴出してまつ毛の根本に塗っていると書かれていたので真似しましたが、これが塗りやすくて良かったです!

出来れば、使う前と使ったあとにエタノールで消毒し、赤くなったりする副作用などが出ないように気を配ると良いと言われています。

ただ、長期間使うと、次の副作用が出ると口コミでも言われていますので、そちらの情報もシェアしておきます。

● 目の周りの色素沈着

● 目の周囲の小じわが増え、くぼみが出る(くぼみが出るので二重まぶたになったという方もいるようです)

40代女性まつ毛の育毛方法で使ってみた商品の口コミは?

ここからは、個人的に使ってみたケアプロストという育毛剤の口コミなどをご紹介していきます!

● まつ毛が濃く太くなりました。一本目を使い終わる頃には、長さも見て分かるくらい伸びています。

● 本当に実感できます。過去にさまざまな美容液を使ってみましたが実感がなく結局つけまつげに頼っていました。

● 副作用の黒ずみと痒みがありました

● 使い始めて、久々に会った友達に「そんなにまつ毛長かったっけ?」「まつ毛長いね」と言われるようになりました

● まとめ買いしましたが目が赤くなり、作用もさほど感じないので使っていません

● すごい重い一重だったのですが、すごく綺麗な二重になりました

● 持続して使っていると、伸びが悪くなるのでたまに意識的にサボっています

● 体調によってまぶたの縁が赤くなってしまいますので、数日に1回使うようにしています

● まつ毛長くなりました。毛根が発達したせいか、自然に二重瞼になりました

● 充血と瞼のくすみが出たので目薬と併用のほうがいいです

● この値段で嬉しい効果です

口コミを見ると、多くの人が伸びたと実感されています。

ただ、個人的にも経験しましたが、目の縁が赤くなってしまったりという副作用を経験される方もいますが、使用方法を一週間に数回などにするなどの工夫をして使うと良いという口コミもありました!

40代女性のまつ毛の育毛方法で、別の商品を使った情報や個人的見解

↓届きました~~!!

f:id:mo88mo:20170614145212p:plain

これまで書いた育毛方法は、育毛剤緑内障などの症状に対して作用がある、日本では禁止されている成分が入ったいわゆる薬の一種でした。

こういったものを、長いあいだ使い続けることに、個人的に疑問があったので、まつ毛も伸びたことだし、まつげ美容液に戻ろうと考え、以前は近所のコスメ売り場などで購入できるものを使用したりしていたので、今回は、ネットで購入できる、口コミも多く、作用に関してや、使った後の保証などもしっかりとしているところと考え、次のまつげ美容液を使うことにしました!

● エマーキット↓

こちらは、返金保証付きのまつげ美容液になります。

エマーキットは、水橋保寿堂製薬株式会社という、昭和23年に設立された会社が作っているまつげ美容液になります!

富山の薬売りは有名な存在ですが、配置薬業界でトップとして有名な富山で誕生したのが、こちらの会社になります。

いわゆる置き薬で、富山の薬売りが各家庭にやってきて、使った薬の分だけ代金を支払ってもらうという販売方法を、創業当時からやっていて、会社の理念は「自信のないものは一切お売りしない」です。

創業当時から「お客様にとって本当に役立つことを行う」という思いを持っているので、エマーキットというまつげ美容液も、返金保証付きで販売をされているようです。

創業から60年、富山の製薬会社ですが、お客様の身体のことだけを考えてひたむきに商品の開発を続けてこられたそうです!

とにかく、この会社のサイトを見て頂けくと分かりますが、本当に信念を持って、さらにそれを貫く形でしっかりと、お客様の身体のことだけを考えて商品を研究開発している姿勢がはっきりと示されています!

個人的に、会社のことを調べて、しっかりとされている素晴らしい会社が作った商品ならば使ってみたいと思い、この記事の中でシェアすることに決めました!

このブログでシェアしているものも、自分の体に使いたくないものなどはご紹介していませんので、大変共感しました。

それでは、一体どんなまつげ美容液なのか、ここからじっくりとご紹介していきます!

まずは、どんな成分を使っているのかチェックしていきましょう!

f:id:mo88mo:20170614145345p:plain

● 水

● 加水分解ムコ多糖

● ヒアルロン酸Na

● カプリリルグリコール

● ヘキサペプチドー2

● パルミトイルペプチド-4 

● 乳酸Na

● PCAーNa

● ソルビトール

● プロリン

● リン酸Na

● ビオチン

● チャ葉エキス

● オタネニンジン根エキス

● イチョウ葉エキス

● 塩化Na

● パパイア果実エキス

● ブドウ種子エキス

● シルクアミノ酸

● フェノキシエタノール

● ホクベイフウロソウエキス

● カンゾウ根エキス

● パンテノール

●(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(c10-30)クロスポリマー

● ポリソルベート20

● TEA

● メチルパラベン

● エチルパラベン

● プロピルパラベン

● ブチルパラベン

● イソブチルパラベン

全成分を見ていただくと分かる通り、特徴は次の成分を入れているところになります。

★ ブドウ種エキス

★ イチョウ葉エキス

★ ヒアルロン酸 

 ブドウ種子エキスは、名前の通り、ブドウの種から抽出されたエキスになります。

乾燥させたブドウの種を加熱して圧搾して精製されています。

このエキスには、ビタミンEがオリーブオイルの2倍以上入っていて、これは若返りのビタミンと呼ばれていて、アンチエイジングなどに興味がある人の間では有名な栄養素です!

さらに、ポリフェノールの一種なので高い抗酸化作用があり、視力や網膜を保護する作用もあります。

アメリカでは、白内障胃潰瘍を予防するために食品に使われていたり、代替医療などで使用されています。

ブドウ種子にはアレルギー反応を引き起こすアレルゲンを含みませんので、肌への負担がかからないため、敏感肌の人でもさらっとしていて使いやすいため、近年ではさまざまな化粧品などにも使用されています。

高い抗酸化力が、皮膚細胞の酸化を抑制し、肌老化の防止をしてくれる働きもあるのです。

イチョウ葉エキスは、アレルギーを改善する作用があることが分かっています。

そして、イチョウの葉を乾燥させて抽出されるのですが、この中には、ポリフェノールの一種のフラボノイドやギンコライドという成分が含まれていて、これが有効成分になるのです。

この2つの成分には、酸化を防ぐ役割があり、抗炎症作用もあるのです。

御存知の通り、ヒアルロン酸はもともと、眼球の中に詰まっている硝子体の成分として発見されたものですから、敏感なまつ毛がある目元に使うのは、こういった面から考えると安心な成分であることが分かります。

人間が、人間の形をしているためには、絶対に必要なのがヒアルロン酸です。

これらの成分も入っているのが、エマーキットのまつげ美容液の特徴になります!

それでは、自然な成分以外の、カタカナで書かれた成分について、詳しく見ていきましょう。

● カプリリルグリコール

こちらは一体どんな成分なのでしょうか?

無色透明の液体で、僅かですがニオイのあるグリセリンと同じくらいの保湿力があります。

抗菌性に優れている多価アルコール(一分子中にヒロロキシル基を2つ以上持つアルコール)で、同じ濃度のメチルパラベンと比較すると低刺激で防腐剤として使わてていることが多く、毒性も刺激もほとんどないと言われていますが、人によっては反応する方もいる可能性はあります。

● ヘキサペプチド-2

こちらは、皮膚コンディショング剤などに使うために配合される成分です。

● パルミトイルペプチド-4

以前は4ではなく3と呼ばれていて、一般的にはマトリキシルと呼ばれることが多い。 真皮にある衰えた線維芽細胞の肌再生メカニズムで重要な働きをしている、プロリダス酵素発現を促進するので、コラーゲン生成を促進し皮膚にうるおいを与えたり、シワに作用すると言われています。

名前だけ見ると、なんだろうと思ってしまいますが、人体にも多く含まれているアミノ酸で出来ているので、毒性や刺激性ははなく、アレルギーの報告もないと言われています。

● 乳酸Na

角質層に含まれている天然の保湿成分の一つで、グリセリンと同じで高い吸湿性がありますので、グリセリンの代用に使われることもあります。

殺菌効果もあり、NMF成分と書かれる場合もあります。

● PCAーNa

これは、角質層に多く含まれている有機酸で、天然保湿成分のひとつになります。

皮膚や目に対して、高濃度であっても刺激はほとんどありません。

● ソルビトール

別名ソルビットとも呼ばれていて、食品添加物になります。

さきいかなどに入っていたりしますから、お酒を飲むのが好きで、つまみはこれが好きという方は、危険性もあると言われているので、たまに食べる程度にしたほうがいいのかもしれません。

甘みを付ける甘味料や、細菌を抑える保存料として食品などでは使われますが、化粧品などに入れるときには、肌の保湿を高めます。

元は自然の植物にも存在している成分で、りんご、梨、桃、昆布などに多く含まれています。

100年以上前にナナカマドの実から発見されましたが、人が摂取しすぎるとお腹がゆるくなってしまいますので注意してください!

ナナカマドの実、これはバラ科の落葉高木で、紅葉や実が赤く染まってキレイなので、北海道や東北地方では、街路樹としてよく植えられていて、果実はジャムやマーマレードにされたりしています。

発がん性の疑いが持たれているようですが、ラットを4代に渡って、餌に混ぜて育てた結果、異常は現れなかったということです。

● プロリン

たんぱく質を構成する必須アミノ酸の一種で、コラーゲンの主要な構成成分の一つで、ゼラチン質に多く含まれています。 美肌効果があるので、様々な化粧品に入っている成分です。

● リン酸Na

様々な食品にも添加物として使用されている成分で、人間の体内にも元々多く存在しています。

● 塩化Na

これは塩です! ですから、安全面での問題は特にありません。

● フェノキシエタノール

玉露の揮発成分として発見されたグリコールエーテルというアルコール成分の一つで、高い殺菌作用を持ち、防腐剤や殺菌剤として化粧品に配合されています。

肌の刺激は少ないと言われていますが、敏感肌の人で、これらの成分に反応する方もいます。

● アクリレーツ/アクリル酸アルキル(c10-30)クロスポリマー

こちらは、界面活性剤の一つで、保湿力が高いのです。

水溶性の高分子なので、アルカリ剤で中和すると粘度があがる性質があり、これを利用して増粘剤や乳化剤として、主に基礎化粧品などに配合されています。

毒性や刺激性はほとんどなく、高分子なので肌への吸収もなく、さらにアレルギーや副作用の報告もないので、比較的安心な成分だと言われていますが、化粧品毒性判定事典という書籍によると、界面活性剤なので多少毒性の危険があると言われています。

● ポリソルベート20

こちらも界面活性剤で、乳化剤として使用されています。

ボリソルベートは、糖アルコールであるソルビトール(ソルビット)を化学合成して作られるノニオン(非イオン)性界面活性剤です。

ポリソルベートには、20、60,65、80と数値がついていて、この数値が高くなるほど油に近い性質があり、低いほど水近い性質になりますので、20の場合は水に近いということになります。

別名「モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(Tween20)」で、ラウリン酸を結合させた物質です。

化学的な研究結果では、一日の摂取許容量であれば健康に影響を与えないと言われていますし、まつげ美容液として夜に一度だけ少し塗る程度なら、よほどのことがないかぎり、安全性に問題はないと考えられますが、人によっては敏感な方がいますので、このあたりは使用する方が選択していくしかありません。

基礎化粧品などを手作りされる方向けに、様々な成分や原料を販売しているお店でも普通に売っていますので、どこまで気にされるかは人によるかと思います。

● TEA

トリエタノールアミンと呼ばれていますが、これは酸化エチレンとアンモニア水の反応によって作られ、わずかにアンモニア様の匂いがあり、無色~薄い黄色の粘性のアルカリ剤になります。

化粧品でよく使われるアルカリ成分で、この成分自体に発がん性はありません。

発がん性に分類出来ないという結果になっているので、国際的に発がん性の可能性はないと認められています。

まれに接触アレルギーの原因になる場合もあるという文献もありますので、敏感な方は注意が必要かなと考えられる成分になります。 

● メチルパラベン

パラベンパラオキシ安息香酸エステル)の一つで、別名パラオキシ安息香メチルと呼ばれていて、水溶性でとても広範囲微生物に殺菌力を持っている防腐剤です。

同じ防腐剤のサルチル酸や安息香酸に比べると、はるかに毒性が低いのです。

歴史も長く、安全性は確認されていて、単独ではほとんど毒性がないといわれています。

この下に書かれている、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、イソブチルパラベンも同じパラベンで仲間になります。

これらが原因となって、皮膚障害を出す人もいるということですが、この割合は0・3%ほどだと言われています。

防腐剤としての効果は、ブチル、プロピル、エチル、メチルの順に高いそうです。

肌への負担を考えて、ほとんどはエチルとメチルが使われています。

気になるカタカナの成分を見ていくと、使う量を考えても、微量が含まれている程度なので、個人的にはそれほど気にしなくてもいいのかなといった印象を持ちましたが、どこまで気にされるかは人それぞれですので、自己責任で選択して頂ければと思います。

当然、エマーキットを使用したときの作用や結果には個人差がありますので、販売元も作用を保証するものではないとはっきりと提示しています。

エマーキットは、2010年からずっと売れ続けている商品だということですから、作用に納得されている方が多いからこその結果だという話しになりますが、使用後の結果は人によって違いがあります。

使用方法は非常に簡単で、夜寝る前に、一回だけまつ毛の生え際にさっとひと塗りすればいいだけです。

f:id:mo88mo:20170614145459p:plain

注意事項ですが、たっぷりと重ね塗りをしたからといって作用が早く現れるということもありませんので、一度だけさっと塗るようにしましょう。

重ね付けした方の中には、翌日目に異変が起こったという方もいます、何事もバランスが大事ですから、適量を日々コツコツと続けて塗っていってください。

1本で、毎日夜に使って2ヶ月使用でき、眉毛にも使え、個人的に使用してまつ毛が伸びた緑内障の薬が入った育毛剤と違って、こちらにはその成分は入っていません。

個人的に、近所で買える安いものから、そこそこの値段がする、数千円、万円近いものまでまつ毛美容液は試したことがありますが、さすがに安すぎるものは、正直結果にコミットしなかったなという苦い経験を持っています。

だからといって、高ければいいのかというと、個人的にそれもなといった経験を持っていますので、まつ毛美容液を選ぶときの参考にして頂ければ、苦い経験が生きてくるので有難く思います。 

使ってみた個人的見解に関しては、しばらく使ってみてからここに書き加えていきますので、もうしばらくお待ちください。

↓公式サイトはこちらです↓

 今回は、40代女性の悩みでもあるまつ毛が薄い、短い、無いという方へ、育毛方法について情報をシェアしていきました!