40代からの美容を考えるブログ

経験と日々実践している美容や健康についてシェアさせて頂。

40代女性の顔のたるみ!防止や改善方法は?

40代になると、嫌でも目にするようになる顔のたるみ、防止や改善方法はないのでしょうか?

1 顔がたるむ理由は?

2 40代からのたるみの防止や改善方法は?

3 顔のたるみに効果のある食べ物は?

4 まとめ&老化は病気なので治療できる!?

 

あっというまに若い時代が過ぎていて、青春していた自分が過去の遠くにいってしまい、気づけば40代となり、さらに気づけば鏡に映る自分の顔のたるみに驚く!

ぷりっぷりのお肌で闊歩していた時代があったなんて・・・となんだか心まで沈みがちになってしまいますが、これ、なんとかならないのでしょうか?

40代女性の顔のたるみの防止や改善方法について、今回の記事では情報をまとめてシェアしていきます。

1 顔がたるむ理由は?

f:id:mo88mo:20170618083322p:plain

まずは、たるみのメカニズムなどを理解していきましょう。

人間の皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層から出来ていて、その下には、脂肪組織と筋肉があるのです。

青春時代の若い頃は、皮膚の内部で細胞分裂が活発に行われているので、みずみずしい弾力のあるお肌を持っています!

20歳を過ぎると、この細胞分裂が活性化しなくなり肌の柔軟性が失われていき、お肌の曲がり角と言われる25歳ごろから、肌が変化していきます。

たるみの主な原因は、真皮を支えている働きをしている繊維成分のコラーゲンやエラスチンが緩んでしまうことです。

どちらも、年齢を重ねていくと切れる、細くなるといった状態になり、真皮が支えられなくなるので、皮膚のたるみが目立つようになります。

これらのたるみを予防するのに適した生活習慣は、次のものになります。

★ 紫外線をシャットアウトする

★ 新陳代謝を活発化するために、しっかりと睡眠をとり、規則正しい生活をおくる

★ 顔の表情筋や深層筋を鍛える

★ フェイス&頭皮マッサージ

★ 猫背にならないようにし、姿勢を正す

★ 食事はバランスの取れた内容にする

★ 運動を取り入れて、筋肉を維持するようにする

「pk」という映画を見たときに、日本でもヒットした映画「きっとうまくいく」に主演していたアーミル・カーンというインドの俳優が、筋肉隆々の体で登場して驚きました。

そして、彼が90kgあった体重を、トレーニングと食事改善をすることで、筋肉をしっかりとつけて絞り込んでいくプロセスを追ったユーチューブ動画を見たときに、やっぱり筋肉をつけて、絞り込んだ体を作ることは、アンチエイジングに相当効果的だと確信しました。

なぜなら、2017年時点でアーミル・カーンは51歳で、90kgあったときの容姿を見ると、年相応プラス老けて見えたのですが、その後ファイトして肉体改造をしたとたん、なんと30代に見えるほど若返ったのです!

youtu.be

このプロセスを見て、個人的にも筋トレは2017年で14年続けていますが、今後も引き続き続ける決意を新たにしました!

それほど、たるみに筋トレは効果的なことを、この眼で見たので、個人的にはたるみ予防に筋トレは良いという認識を持っています!

実際、同じジムで筋トレをしている60代の女性は、非常に美意識が高く、最近完全菜食主義になり、たんぱく質は植物性の大豆、おやつもセーブするようになり、数キロ痩せ、さらにファイトして日々トレーニングをしているので、同じ年代の女性に比べてもステキな体型をしているのを目の当たりにしていますので、続けないという選択肢は自分の中にはありません。

あまり知られていないのですが、ものが使わないと錆びるように、人が住んでいない家が朽ちるのが早いように、使わない人間の体も臓器も実は錆びてしまうのです。

ですから、定期的に運動をして動かすことは、体のサビを防ぐ作用もあり、整体的にも、使っていくことで活性化するので、健康や美容になんらかの作用があるという情報を発信しています!

正直、運動をあまりしていなかった10代後半~20代前半の頃は、なんだか疲れやすくて体調不良を感じやすかったと記憶していますが、2017年現在、40代になっていますが、筋トレ、有酸素運動などを取り入れる生活スタイルをしているため、若かった頃よりも今のほうが健康度、体調がいいと感じる度などはかなり高いので、体も動かしてなんぼだと実感しています。

占星術的にも、溜め込んでいいことなんてないそうです!

溜め込んで発展するものはほとんどなく、疲労を溜め込むと病気になりますし、脂肪を溜め込むと・・・そう肥満します!

お金も持っているだけじゃどうしようもない、自分に投資したり、なんらかの経験につぎ込んだりして自分を成長させるために使うことで、さらなる豊かさが手に入る。

もういくつだからといって諦めるなんて、勿体ないことなんだと個人的にも思います。

使えば使うほど発展するのなら、動いてストレスも発散して、脂肪燃焼もして、さらにたるみ予防にもなって、使ってなんぼの体や臓器の健康にも貢献し、さらに美容作用も高まるのなら、もっと使ってみようと思いませんか?

個人的な経験ですが、周囲で見かけるたるみがかなり目立つ方の中には、なんだか不満や愚痴&文句などを溜め込んでいると感じられる人が多いように見受けられます。

あくまでも個人的経験&感覚ですが、そういった方のお腹周りにはたいがい贅肉がついていて、口はへの字に曲がってほうれい線が目立ちます。

いつも機嫌よくニコニコしている年配の女性で、ほうれい線などまったく目立たず、少女のような顔立ちをしている人も見かけます。

ですから、もういくつだからという年齢に縛られる考えは意外とナンセンスなことに、これらの方々を観察すると気付かされます。

まだ20代なのに、暗く沈みがちな表情で、なんだか若い時代の情熱的なエネルギーを感じられない人もいたりしますから、年齢を言い訳にするのは個人的にはやはりナンセンスなことだと思いますが、あなたはどう感じますか?

 40代からのたるみの防止や改善方法は?

それでは、40代女性がたるみを感じた時、どんな改善&防止方法があるのかをご紹介していきます。

世の中にはさまざまな改善&防止方法がありますので、ここでは、個人的にやってみたことがあるものをご紹介していきます。

★ 首(顎)を鍛える

これは、個人的にジムでやっているのですが、やり方は簡単ですが、かなりキツイです。

ベンチに寝っ転がり、頭をベンチから出して上下に上げ下げをします。

キツくて自分の首の力だけではあげられない場合、両手を頭の側面に添えて、少し補助してあげてください。

た・だ・し、添えた手の力はほんの少しだけ、首と顎から口元の筋肉を使って上下させるようにして鍛えなければ意味がありませんのでご注意ください。

★ 顔ヨガ

こちらもやり方は、下のほうでご紹介した記事「お金をかけない簡単美容法!おすすめは?」に書いてありますので、そちらをご覧ください。

★ かっさマッサージ

かっさとは、中国で2千年以上前から行われてきた民間療法になります。

刮痧と書き、刮(かつ)は削る、痧(さ)は瘀血(血液の毒素)の意味になります。

これは、刮痧板と呼ばれる器具で毛細血管に圧力をかけて、血液の毒を押し出していき、気血水の通り道の経絡流れをスムーズにして体調を整える療法です。

これを美容に応用したのが、かっさマッサージになります。

かっさを使い細かく顔の筋肉をほぐすことで、顔の筋肉の凝りをほぐし、たるみやしわ、その他の肌トラブルを改善し、小顔にもしてくれるのです。

これ、かなり即効性があります。

ジムに出かける前にかっさマッサージをして行ったら、顔なじみのトレーナー&スタッフが「あれ、痩せました?」と、昨日も会ったのに言われ、かっさがよけいなむくみなどを流してくれたので、頬のラインがすっとしたことで、痩せて見えたのだと気づき、かっさえらいなと実感した経験を持っています。

簡単ですし、週に2~3回やればいいので手軽です!

個人的には、これを使うと顔の筋肉の凝りがほぐれるのがよく分かり、気がつかないうちに表情筋が固まっていたのだなと気づくので、いがいと重宝しています。

以前かなり流行したので、ムック本などを購入して手元に持っている方もいるかもしれません。

眠っているのなら、引っ張り出して、たるみ改善や防止のために活用してみてください!

★ コラーゲンマシーン

個人的に2017年3月から入っているのですが、気に入っています。

効果に関しては個人差があると思います。

汗もたっぷりとかき、体が温まりますから、冷え性の方にも良いのかなと感じられます。

しかも、20分カプセルの中で寝転んでいるだけなので、楽ちんです!

↓コラーゲンマシーンについてはこちらを参照して下さい

kokokara.hateblo.jp

★ 頭皮マッサージ

頭皮までが顔と言われるほど、密接に顔とつながっている頭皮。

こちらのマッサージを定期的に行うことで、顔の皮膚のたるみをひっぱりあげたり、リラックスやリフレッシュ作用を感じるのが、頭皮マッサージの利点です!

いつの間にか、一部を除く多くの美容院でも施術としてやってくれるようになっていますが、自分でも簡単に出来ます!

やりかたは貼り付けている別記事「お金をかけない簡単美容法!おすすめは?」でご紹介しています。

★ 絞る

やはり、脂肪を取り除くことも、たるみ予防には大事なポイントです!

ただ、女性は生理がありますので、体脂肪率などを減らしすぎると生理が止まったりするというリスクがありますから、健康に生きられる基準値の23~25%と言われていますが、これは一般的な基準。

脂肪がどこについているからで体型は変わりますから、数字だけに囚われすぎないようにしましょう。

ただ、個人的にも男性のトレーナーにずっとついてもらって(夫です)トレーニングを続けてきたため、絞りすぎて生理が止まったという経験があるので、現在、どの程度なら大丈夫かを、自分の基準としてきっちり理解しようと奮闘しております。

絞るというのも、どこまでか、あなたがどんな体型になりたいかによって変わりますが、この記事は、40代女性の顔のたるみの防止&予防方法についての情報をまとめているので、顔のたるみを考えた場合、あなたの顔を横から撮影して、顔のたるみがどうなっているのかを客観的に見て、あなたが望むレベルまで絞るというのがその人にとってのベストであると個人的には考えますが、絞る&かっさなどのマッサージをするなどの相乗効果で、絞りすぎずに顔のたるみを防止&改善していくほうが、いろいろと考えると安心だと思います。

★ 骨気やプーペコなどを使う

骨気とは、韓国で生まれた民間療法で、骨に圧力を加えて動かし、皮膚や筋肉を刺激して血流を良くし、肌や患部を引き締めていくマッサージです。

個人的にもやったことがありますが、イタイです(泣)。

プーペコは、口周りや表情筋のトレーニングをする器具です!

我が家も購入しましたが、かっさや他のトレーニングをやっていて、こちらはサボりがちなので使わないとと改めて思いました。

↓我が家のハチワレ猫ナナです^^

f:id:mo88mo:20170618091006p:plain

★ 保湿をしっかりとする

40代になってくると、やはりお肌に栄養をしっかりと入れていきながら、たるみを防止&予防することも大事なポイントになります。

2017年現在、本当に沢山の保湿化粧品などがあり、選ぶ側が楽しくなるようなものが数多くあります。

美容液やオイルなどの情報は、こちらでまとめていますので、お役立て頂ければ幸いです。

お金をかけない簡単美容法!おすすめは? - 40代からの美容を考えるブログ

美容オイル カテゴリーの記事一覧 - 40代からの美容を考えるブログ

そして、どんどん生まれてくるものの中で、こんな、40代女性の顔のたるみ予防&防止美容液があるので、情報をシェアしておきます。

名前は、「ハリーズアップ」、まさにリフトアップを目的とした美容液です。

40代からのエイジングケア美容液として生まれたもので、りんご幹細胞エキスや、独自の成分であるプラセンタリング(イネ麦由来)、ミチヤナギエキス、ナンバンクサフジ種子エキスなどが主成分として配合されています!

40代からは、肌を守る成分のセラミド、弾力成分のコラーゲンなどが低下していき、この年代の女性の顔の肌などは、たるみが目立つようになったりしてきます。

そんな悩みを抱えてしまう年代に向けて、皮膚科医が監修して作られたのが、ハリに作用するというハリーズアップになります。

他には次の成分が入っています。

● カミツレエキス

● セラミド

● コラーゲン

● ヒアルロン酸

そして、全成分をご紹介しておきます!

● 水

● プロパンジオール

これは、植物デンプンを発酵させて作られる、100%植物由来のグリコール(2価アルコールの総称で、アルコールではないので、アルコールアレルギーの人も使えます)です。

保湿に優れていて抗菌作用もあります。

化粧品毒性判定事典では、毒性がないと書かれていますので心配はいらないようです。

● ホホバ種子油

● マカダミアンナッツ脂肪酸エチル

● ペンチレングリコール

無色透明の多価アルコールで、特異臭があり、さっぱりとした保湿性があります。

毒性については心配はないようですが、敏感過ぎる人によっては刺激を感じる場合があります。

● ジステリアン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース

合成界面活性剤で、乳化剤として使用されます。

毒性は特に報告されていません。

● テオブロマグランジフロルム種子脂

● リンゴ果実培養細胞エキス

● ナンバンクサフジ種子エキス

● ミチヤナギエキス

● ライムギ胎座培養エキス液

● 白金

● グリスチルリチン酸2k

漢方薬カンゾウに含まれている成分で、安全性の高い成分です。

● セラミドNP

● イノシトール

ビタミンCと同じ水溶性のビタミン様物質になり、副作用の心配はありません。

● ヒアルロン酸Na

● 加水分解コラーゲン

● カミツレ花エキス

● ヒトオリゴペプチド-13

人の体内で作られるたんぱく質の一種でFGFと呼ばれています。

皮膚の再生や回復に関与している成長因子になります。

● ヒトオリゴペプチド-2

皮膚のコンディショニングをしてくれます。

● ヒトオリゴペプチド-1

こちらもFGFで、肌細胞を活性化しターンオーバーを正常な周期に戻す働きがあります。

● ペクチン

● トコフェロール

● 水添レシチン

● カルボマー

賛否両論がありますが、人体に影響のある種類のものは化粧品などに使用しないので、安心して良いようです。

● ジメチコン

カルボマーと同じ理由で、心配する必要はないようですが、どこまで気にされるかは人によりけりだと思います。

● ベヘニルアルコール

高級アルコールで、肌に優しく、肌を柔らかくする性質があり、毒性や副作用もないようです。

● 水酸化K

代表的なアルカリ剤の一つで、安全性が高く、副作用の心配もないようです。

● クエン酸

● カプリン酸グリセリル

高級脂肪酸の一種であるカプリン酸とカプリル酸の混合脂肪酸と、グリセリンが結合したエステルオイルで、毒性の心配はありません。

● ラウリン酸ポリグリセリル-2

乳化剤として使われている、合成界面活性剤になります。

人によってはアレルギーや刺激を感じることもあるようですが、通常の配合では問題としない人成分です。

● ラウリン酸ポリグリセリル-10

ラウリン酸とグリセリンからなる安全性の高いノニオン界面活性剤です。

● BG

多くの化粧品の保湿剤として使用されていて、経口毒性(食べたときの毒性)はグリセリンよりも低いことが分かっていますが、まれに肌に合わない人もいます。

● ローズマリー葉油

● チョウジ葉油

● ニオイテンジクアオイ油

40代女性という年齢層に絞って作られたハリーズアップ、保湿に使うのなら、このようなものもいいのではないかと思いますが、何を使ってみるかは人それぞれです!

そして、使用した作用に関する結果も人それぞれで、合う合わないがありますので、ご自身で体験するしかありません。

個人的にも、これまで、さまざまな美容法にTRYしてきましたが、結果的にこんな防止&改善方法でいいんじゃないかなと2017年現在はそう感じています。

面倒なことは続きませんし、好きじゃないことはもっと続かないということを、3日坊主という言葉がピッタリだった子供時代~20代前半を送ってきたのでよく理解しています。

40代ともなると、付け焼き刃でどうこうたるみに対してなんとかしようとすること自体がどうも無理がある。

なんでもそうですが、やはり地道な積み重ねでもあります。

ですが、中には即効性を感じるものもありました、すでに書いている情報以外では、耳たぶまわしです。

やり方については、こちらの記事でまとめていますので、お役立て頂ければ幸いです!

kokokara.hateblo.jp

リンパの流れを良くすることで、顔色もぱっと明るくなり、さらにたるみを消すことが出来るのです。

ただ、即効性があるだけに、戻るのも速く、日々意識して行うようにしていれば、かなり使える方法ではあります。

顔のたるみに効果のある食べ物は?

ここからは、顔のたるみに効果的な食べ物についての情報をシェアしていきます!

普段から加工食品やジャンクフードばかり食べて、食事に気を使わないで顔のたるみだけはなんとかしたいと思っている人にとっては、ちょっとイタイ情報になりますが、しっかりと情報をシェアしたいので、どんな食べ物が良いのか見ていきましょう!

すでに書いたように、加工食品やジャンクフードを大量に食べる食生活では、顔のたるみだけでなく、他の美容や健康にも良い影響を与えないことはすでに多くの方がご存知です。

やはり40代になってくると、食べたものがかなり体調や肌質、健康度に影響するので、何を選んで食べていくかは大事なポイントになってきます!

肌のたるみ、そしてハリを持たせるために良いと言われる栄養素は次のものがあります。

★ コラーゲン

人間の体内のコラーゲンは、御存知の通り年齢とともに減っていきますので、食べ物で補っていかなければ、どんどん肌の状態も悪くなっていくのです。

個人的に、やっぱりコラーゲンが豊富な食べ物は作用があると実感した経験談をお話しながら、どんな食べ物にコラーゲンが多く含まれているのかをシェアしていきます。

すでに書いているとおり、2017年3月からコラーゲンマシーンに入っています。

そして、好んで豚足などを食べていたときのことです、ある日、コラーゲンマシーンに入ったあとの食事で、豚足を食べた翌朝、鏡を見ていつも以上にハリのある肌に驚いたのです!

相乗効果だとは思いますが、コラーゲンマシーン+豚足+ビタミンCたっぷりの野菜サラダ=肌のハリが上がったという経験をしたので、コラーゲンの多い食べ物は、やはり食べておいたほうが良いと確信しました。

コラーゲンマシーンに入ってないよという方でも、加齢とともにどうしても減っていくのがコラーゲンですから、食べ物で補うことは、関節や肌の衰えに対してまったく意味がないということはないと思いますし、医師なども、直接的に作用があるかどうかははっきりと分からないけれど、加齢とともに少なくなるので、食べ物から補うことは大切だと語っています。

コラーゲンの多い食べ物は次のものになります。

● 豚足

● 鶏手羽

● 鶏軟骨

● 牛すじ

ただ、御存知の通り、コラーゲンの多い食べ物は脂肪も多いので、食べ過ぎには注意が必要です。

ならばサプリメントでと考える方もいると思いますが、確かにそれもありだと思います。

経験的に、やはり豚足を食べた時などの、あのコラーゲン独特の食べ物が体に入る感覚は、サプリメントでは得られない栄養素だと考えられますので、食べ物から摂取するのが基本だと個人的には考えますが、なにを選ぶのかは人それぞれです!

コラーゲンついてはこちらで詳しく書いてます↓

kokokara.hateblo.jp

 ★ たんぱく質

たんぱく質は肌や体を作っている大事な栄養素です!

これが不足すると肌もしぼんでしまいます、しっかりと日々摂取していきましょう。

豊富に含まれているのは、肉や魚、大豆製品や卵、乳製品になります。

納豆などは発酵しているのでさらに体にさまざまな作用があると言われていますので、個人的におすすめは、さらに発酵食品も食べられる、納豆キムチなどが美味しくて良いと感じました!

余計な添加物がないキムチを選んでくださいね!

★ 抗酸化作用のあるビタミンやミネラル

御存知の通り、体内で発生する活性酸素も肌のハリなどを失わせる原因です。

これを防ぐために、野菜や果物などに含まれるビタミンやミネラルなどを積極的に摂取し、抗酸化作用の高い食材でこれらを撃退するような食事を選んでください。

★ 大豆イソフラボン

大豆イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと似た化学構造&働きをすることが分かっています!

御存知の通り、エストロゲンにはコラーゲン生成を促す作用がありますので、積極的に食べたい食材ですが、注意点もありますので、そちらの情報もシェア!

実は、2017年現在、日本であまり知られていませんが、リーキガット症候群という腸の粘膜が薄くなったり穴が開く疾患などが数多く発生していて、これらの原因の一つが、普段から食べているものだと言われています。

その一つが、実は大豆なのです。

大豆は発酵食品にしたものなら、体に対してこのような作用を起こさないのですが、大豆のままで摂取すると、この中に含まれるサポニンが影響してリーキガット症候群を引き起こす可能性があることが分かっています。

他にも、大豆には植物毒があり、これが体調不良を引き起こすことも分かっています!

ですから、もしあなたにアレルギーや、なんらかの疾患がある場合、大豆を食べるのなら、発酵させたものを選ぶようにしましょう。

もちろん、健康な方も、そちらを選んだほうが安心ですが、何を選ぶかは人それぞれで、体質も一人ひとり違いますから、こんな情報もありますよというシェアですので、情報のひとつとして活用して頂ければと思います。

発酵させた大豆製品は次のものになります。

● 納豆

● 味噌

● 醤油

● テンペ

もし、冷奴や湯豆腐が大好きなのという方は、醤油をかけたり、薬味を添えて食べるようにしてください。

大豆で引き起こされる疾患は、次のものがあると言われています、たるみ予防にとせっせと大豆イソフラボンを摂取し、発症したら大変ですのでシェアしておきます。

● 冷え性や消化不良

● 脳の障害

● 生理不順やPMS子宮内膜症

● 子宮がん&乳がんを発症している人が大豆製品を摂ると悪化する

● 乳幼児に与えると、アレルギーを起こす可能性がある

女性関係の病気になんらかの影響があるようです。

大豆イソフラボンの良い恩恵を受けるためには、納豆や醤油、味噌などの発酵食品で摂取したほうが安心ではあるようです!

まとめ&老化は病気なので治療できる!?

それでは、いろいろと書いていきましたが、わかりやすく情報をまとめていきましょう。

要するにこういうことです!

40代女性の顔のたるみを防止したり改善するのなら、次の方法が個人的にはやりやすいのかなと思います。

➀ まずたるみ予防が出来る栄養素を日々しっかりと摂取して、食事内容の改善を行います

➁ 体は絞って、ある程度痩せている状態を保つ

➂ 首の筋肉を鍛え、さらに顔ヨガで表情筋を、僧帽筋(そうぼうきん)なども鍛え、たるみをひっぱりあげるようにする

➃ その後マッサージなどを行い、保湿で仕上げていく

これでたるみの改善や予防方法になると考えられますし、結果的には鍛えて絞り、さらにラインを整えるマッサージ&たるみなどに作用してくれる美容液などで保湿をするというプロセスは、かなり王道な感じもしますが、あなたはどう思いますか?

そして、実は老化は病気なので、治療することが出来ると言われているのをあなたはご存知ですか?

2016年12月30日に配信された「ニューズウィーク日本版」に、こんな記事がありますのでご紹介していきましょう!

www.newsweekjapan.jp

実はこの記事を見つける早朝に見た、ヒプノセラピストなどをされている、大学では心理学を専攻されていたある女性のブログをチェックしていたときに、次のような言葉を見つけて正直驚いたいたのです!

~某お医者さんが言うには、「老化は病気の一種です、自然現象なんかじゃない。そして老化は病気だからこそ直せるのです」~

え!?老化って病気なんですか?

思わず声をあげてしまったのですが、驚きました。

自然現象だと思っていたのは、そう思わされていただけだった・・・。

2017年現在、さまざまな常識がくつがえされていますが、まさかの自然現象だと思っていた老化ですら、実はそんなことはなく病気なので治療すればいいという驚きの情報が出てくる時代となっています!

確かに、再生医療などもどんどん進んでいます、老化を治療し、いつまでもツヤツヤのハリのある肌でオシャレを楽しめるようになれば、高齢者と呼ばれる人が増えている日本で、またこれらの業界が活性化して経済が潤うようになりますね!

個人的には、そうなるだろうと思いますし、確かに言われてみれば自然現象だと思っていた世界観すらツッコミを入れてみるとおかしな話でもあります!

なんだか面白い時代になりました、あなたは何を信じ、どう生きていきますか?

今回は、40代女性の顔のたるみについて、防止&改善方法などを含めた情報をシェアしていきましたので、お役立て頂ければ幸いです!